ちょっとビックリ!古銭にそんな価値が?

意外と知らない小銭の価値

あまり知られていませんが、小銭には発行年度によっては高値で取引されているものがあります。例えば昭和33年発行の10円硬貨は、60円から200円もの高値がつきます。ところが昭和32年発行では、30円から80円と値が下がります。
また、誤解されているのが「ギザジュウ」です。これは昭和26年から昭和33年に発行された10円硬貨で、側面がギザギザしています。しかしおよそ18億枚が市場に流れているため、10円以上の価値は生まれません。ただし昭和33年の10円硬貨に限って、発行枚数が前年の昭和32年のおよそ半分であったため、希少価値が生じています。その翌年の昭和34年の10円硬貨では、20円から50円ほどの売り値です。

1円硬貨や5円硬貨にも高値がつく

1円硬貨にも発行年度によっては高値がつきます。例えば平成13年発行の1円硬貨は、7円から100円の値がつきます。その他、フデ5と呼ばれる5円硬貨も希少価値があります。フデ5は文字が明朝体で書かれ、日本国の「国」の漢字が「國」になっています。昭和24年から33年の内、昭和29年から31年を除く年に発行され、30円から50円で取引されています。
小銭を売ることを考えるなら、インターネットで小銭買取業者を複数調べ、それぞれの業者で無料査定をしてもらうと少しでも高く売れます。通常、査定料やキャンセル料などは無料なので、現在、所持している小銭にいくらくらいの価値があるか気軽に調べることができます。また、査定してもらう場合、自分で磨いてしまうと価値が下がることがあるので、そのままの状態で見てもらうようにします。

© Copyright Collectible Coins. All Rights Reserved.